Favorite Note

ペーパーブランクス(paperblanks) シリーズ一覧

丁寧なハードカバー製本と、美しく個性的なデザインが魅力のペーパーブランクス。
120種を超える豊富なアイテムを、シリーズ毎に整理しました。
どうぞ、このページで、お気に入りのデザインをお探しください。

※ ペーパーブランクス 2冊以上のお買い上げで、宅配便送料無料! ぜひ、ご利用ください。(※マイクロフォーマットは除きます。)

※ ペーパーブランクスのノートについては、既に店頭から姿を消している商品についても、お取り寄せが可能な場合があります。
「探しているが見つからない」、という商品がありましたら、ぜひ、一度ご相談ください。
 ⇒「お問い合わせ」ページへ  ⇒「お問い合わせ」ページへ

新作・注目アイテム

ペーパーブランクス 2017年春〜2018年春にかけ、ウルビーノの至宝、ベル・エポック、オレナ・スキツイウクなど、多くの新シリーズが登場しています。

また、アーティストの直筆原稿をモチーフにしたシリーズでは、没後100年を記念したロダンの限定版も登場。

新鮮なラインナップを、ぜひご覧ください!


ボタニカル・ガーデン

ペーパーブランクス  細密なイラストは、19世紀に活躍した植物画家の手によるもの。

カラー写真が普及する以前、学術目的で描かれた作品は、通常の絵画とは異なる雰囲気を湛えています。

精緻で美しい博物図譜の世界を、気軽に楽しめるシリーズです。


トレイシー・ウォーカー

ペーパーブランクス  動物をモチーフにしたかわいいイラストは、カナダのアーティスト、トレイシー・ウォーカーによるもの。

丸みを帯びた柔らかな描線、切り絵のような素朴なタッチが印象的。

子供にプレゼントしたくなるような、素朴な温かさが魅力のシリーズです。


ヴェネツィアの朝

ペーパーブランクス  1600年代初期の書物をモチーフにしたデザイン。

表紙中央には格子柄、その周囲や背には金色の細かな装飾が施されています。

クラシカルでありながら、綺麗な色使いが印象的なシリーズです。


ミニアチュール by 亀江道子

ペーパーブランクス 

表紙全面に隙間なく小花が描かれた、和のテイストを感じさせるデザイン。

細密な模様は、アーティスト亀江道子作の陶磁器を、モチーフとしたもの。

華やかな京薩摩焼の雰囲気を、楽しめるノートです。


花の女神フィレンツェ

ペーパーブランクス  1890年代に出版された書物から、インスパイアされたデザイン。

光沢感のあるベースに施された、躍動感のある植物文様が印象的です。

古いカードの装飾のような、不思議な存在感のあるシリーズです。


ステラ

ペーパーブランクス  レザー調の表紙に複雑な装飾が施されたデザインは、18世紀に出版された書物を、モチーフにしたもの。

細かく描かれた草花と、星形の模様が印象的です。

小口にも模様がプリントされた、古書の雰囲気たっぷりのシリーズです。


レース・アリュール

ペーパーブランクス 

繊細なアンティークレースを、モチーフとしたシリーズ。

表裏の表紙全面にレースを貼り付けたような、大胆なデザインです。

カラーバリエーションは、ルージュとアイボリーの2色。
清純さと妖艶さという、レースの二面性を象徴するラインナップとなっています。


ル・ガスコン

ペーパーブランクス  17世紀に活躍した製本家、ル・ガスコン作と言われる書物に、インスパイアされたデザイン。

レザー調の表紙には、複雑なパターンが描かれ、暗赤色と金色のコントラストが印象的です。

小口にも模様がプリントされた、古書の雰囲気たっぷりのノートです。


ミラ・マーキス

ペーパーブランクス ミラ・マーキス ドイツ在住のアーティスト、ミラ・マーキスの特徴は、クリアな色彩と明るく楽しげな雰囲気。

花や動物、妖精たちが集う様子は、とても幻想的です。

光沢感のある加工が施された、見ているだけで幸せな気持ちになれるシリーズです。


アリステア・ベル

ペーパーブランクス アリステア・ベル アリステア・ベルの版画作品を、モチーフにしたノート。

シャープな線と大胆な色使いが、特徴のシリーズです。

金属的な光沢感のある硬質なデザインで、男性にもお勧めのアイテムです。


マザー・オブ・パール

ペーパーブランクス マザー・オブ・パール 見る角度によって輝きが変化する、複雑な模様。

モチーフとなっているのは、マザーオブパールを用いた18世紀の象嵌細工。

表紙のカットにもこだわった、クラシカルで華やかな一冊です。


ファブリック・コレクション

ペーパーブランクス ファブリック・コレクション 大振りな花柄が印象的なシリーズ。

布張り装丁を模したデザインは、1880年代の生地見本をモチーフとしたもの。

アンティーク・ファブリックの美しさを、身近に楽しめるシリーズです。


パリのモザイク

ペーパーブランクス パリのモザイク 「パリのモザイク」は、18世紀のパリで人気を博した、モザイク文様の皮革装丁をモチーフとしたモデル。

金箔押しを模したカバーは、ゴージャスでメタリックな印象。

クラシカルな中にも、モダンさの感じられるシリーズです。


ロココ

ペーパーブランクス ロココ ロココは、18世紀に花開いた美術・建築様式。

それ以前のバロックとは異なり、優美で女性的、時に官能的とも称される様式です。

ロカイユと呼ばれる複雑な装飾が描かれた、耽美的な美しさのあるノートです。


ミュシャ

ペーパーブランクス 美しく複雑な色使い、優美にして官能的な曲線。

アールヌーヴォーを代表するアーティスト、アルフォンス・ミュシャの作品を楽しめるシリーズです。

表面に施された加工により、見る角度によって光沢感が変化する、美しい仕上がりのノートです。


タータン

ペーパーブランクス	 タータン スコットランドの伝統的な格子柄、タータン。

本シリーズでは、タータンがファッションとして脚光を浴びた19世紀に、フランスで収集されたデザインを用いています。

ファッショナブルで上品なデザイン。
生地の光沢感まで表現された、美しいノートです。


〔コラム〕ペーパーブランクスに万年筆で書いてみよう!

ペーパーブランクス 万年筆 美しいデザインが人気のノート、ペーパーブランクス。

素敵なノート故に、万年筆を使いたいとお考えの方も多いかと思います。

そこで、万年筆との相性を確かめるため、複数のインクで筆記テストを行いました。

ペーパーブランクスにご興味をお持ちの皆様、万年筆をご愛用の皆様、ぜひ、ご覧ください。

ブハラ

ペーパーブランクス ブハラ 18世紀のイスラム様式製本を、モチーフとしたデザイン。

ペイズリーのような、エキゾチックで複雑な図柄。

メタリックな輝きも華やかな、ゴージャスで個性的な一冊です。


サファヴィー

ペーパーブランクス モデルとなったのは、製本工芸の最高峰と言われる、ペルシャのサファヴィー朝様式。

動植物のモチーフや中央のメダリオン、切り抜いた皮革や金箔の装飾など、サファヴィー朝様式の優美で精緻なデザインを、楽しめるシリーズです。

現在、ミディとミニの2サイズが、ラインナップされています。


ヴォーグ

ペーパーブランクス 20世紀初頭のパリで、舞台デザインやポスターを手掛けたアーティスト達。

ヴォーグは、そんな彼らの作品を、モチーフとしたシリーズです。

当時人気のあったアール・デコ様式で描かれた作品からは、華やかなパリの夜の雰囲気が伝わってくるようです。


「花」特集!

ペーパーブランクス 古今東西のアートや工芸品をデザインのモチーフとする、ペーパーブランクス。

数多くのアイテムの中から、「花」をテーマにしたものを集めました。

南国風、ヨーロッパ風、アンティーク風、現代風、等々。
様々なテイストの「花」を、お楽しみください。


マカロン

ペーパーブランクス ベースとなるのは、スイス チューリッヒで1709年に作られた製本。

スタッズを思わせる、光沢感のある点描による繊細な装飾と、マカロンのような、美味しそうなパステルカラーが印象的。

2015年に登場した、上品で可愛らしいシリーズです。


シルバーフローラル

ペーパーブランクス 1800年頃にドイツで作られた銀線細工を、モチーフとしたシリーズ。

カバーに施された、緻密に繰り返されるパターン。

アンティークの銀製品のような渋い輝きにより、繊細さと重厚感を併せ持つ一冊となっています。


ファンファール

ペーパーブランクス 「ファンファール」とは、ルネサンス期に人気を博した、装丁様式の一つ。

重厚な佇まいの表紙に施された、繊細で複雑な金色のライン。
背バンドを思わせる、ノートの背の突起、等々。
古い書物を思わせる、存在感のある一冊です。


折りのかたち

ペーパーブランクス 個性的なデザインは、造形作家 西村優子氏の作品を、モチーフにしたもの。

メタリックな質感と、曲線や直線による規則的な模様が印象的。

モダンで洗練された美しさが、魅力的なノートです。


アロハ

ペーパーブランクス ハワイの象徴とも言える、アロハシャツの柄をデザインに用いたシリーズ。

日差しの強さを表すかのように、花や葉にはマットな光沢感のあるプリントが施されています。

鮮やかで深みのある色彩が印象的な、美しい仕上がりのノートです。


ロマーナ

ペーパーブランクス レザー調の表紙の、中央と四隅に施された複雑な模様。

直線と曲線が絡み合う独特のパターンは、1579年の書物にインスパイアされたもの。

落ち着いたクラシカルな佇まいながら、どこかエキゾチックな雰囲気のノートです。


金銀刺繍

ペーパーブランクス レザー調の表紙に施された、刺繍装飾を模したデザイン。

精緻なバラの図案の表紙は、18世紀のスペインの書物を元にしたもの。

往事の華やかさを思わせる、アンティークの雰囲気を持つ一冊です。


ローレル・バーチ

ペーパーブランクス カリフォルニアに住むアーティスト、ローレル・バーチの作品を用いたノート。
自由な図柄と華やかな色彩が際立つシリーズです。

絵柄に合わせた凹凸や、細かく散りばめられた金、銀の光沢など、細部から美しい加工がなされているのも、特徴の一つ。

毎年、少しずつアイテムを増やしている、人気のシリーズです。


アーティストビジョン

ペーパーブランクス アンティークレザー調の下地に、著名な作家や芸術家等の直筆原稿をあしらったシリーズ。

直筆の文字や楽譜、サインが、落ち着いた雰囲気の中に、華やかさを添えています。

毎年アイテムを増やしている、人気のシリーズ。
2015年は、モネの「睡蓮」、「日本の橋」が、加えられています。


アンティークレザースタイル

ペーパーブランクス ヨーロッパの旧家の書庫に収まっていそうな、革装丁の書物を模したシリーズ。

植物をモチーフとした繊細な金の模様や、型押しによる装飾が、落ち着いた中にも華やかさを添えています。

最近、グリーン調の「ジェード」が加わった、人気の定番シリーズです。


こころの季節

ペーパーブランクス 魔法使いが持っていそうな、重厚さと華やかさを併せ持つデザインは、19世紀の金箔押し皮革装丁を模したスタイル。

ピンク、オレンジ、グリーンなど、他の革装丁をモチーフとしたシリーズにはない、華やかな色使いが特徴のシリーズです。


フレンチシルクの宝物

ペーパーブランクス モチーフとしたのは、19世紀のジャカード織機による絹織物。
絹織物の光沢感や質感、アンティークのような、少し退色したような色合いが、手間をかけたプリント技術によって、緻密に再現されたシリーズです。

また、2013年からは、すっきりとモダンになった、新カバーデザインのアイテムも登場しています。


フレンチフローラル

ペーパーブランクス アンティーク調で、緻密な描写のフレンチフローラル コレクション。
モチーフとなったのは、1860年代フランスの、テキスタイルデザイン。

花や葉、枝など自然界の要素が細密に描写された、気品を感じさせるシリーズです。


金襴(きんらん)の花

ペーパーブランクス 金色の紋様が目を引く、金襴の花シリーズ。
そのベースとなるのは、ヨーロッパで17世紀後半に生まれた、緞子(どんす)紙。

当時の皮革製の壁掛けや、シルクのダマスク織りを彷彿とさせる、絢爛かつクラシカルなデザインのシリーズです。


万華鏡の輝き

ペーパーブランクス 象嵌(ぞうがん)細工を、デザインのモチーフとしたシリーズ。

宝石や貴石を散りばめて、花模様や幾何学模様を描く、象嵌細工。
その美しさを見事に表現した、金属的な煌めきが印象的なシリーズです。


ナクタネッレ

ペーパーブランクス 2013年に登場した、本シリーズ。
古城の扉を連想させる、威厳と重厚さを感じさせる装丁は、1829年に出版されたトーマス・ムーア詩集の、アンティークなフランス製本を、再現したもの。

カバーには、真鍮のような色合いの留め金付き。
古書のような佇まいの、落ち着いた雰囲気の一冊です。

ミディ、スリム、ミニの3つのサイズが、ラインナップされています。


グーテンベルク

ペーパーブランクス 活版印刷によって印刷された世界初の聖書、「グーテンベルク聖書」をモチーフとしたシリーズ。

ベルリン王立図書館所蔵の、グーテンベルク聖書の一巻を、細密画のモデルとしています。

カリグラフィーのテキストと、アンティークな装飾が、白色系の地に映える、上品かつ神秘的な一冊です。


ダ・ヴィンチ 『レスター手稿』

ペーパーブランクス 偉大な芸術家であるのと同時に、科学技術に精通し、数々の研究、考察を行った、レオナルド・ダ・ヴィンチ。
このシリーズは、彼が残した手稿集の一つ、「レスター手稿」をモチーフとしたものです。

“鏡文字”によるメモや、研究のスケッチが表紙に配された、ロマンあふれる一冊です。


蒔絵コレクション

ペーパーブランクス モチーフとなったのは、日本で生まれたと言われる漆工芸の一つ、「蒔絵」。

京都の収集家の所蔵品から厳選した、江戸から明治時代を代表する蒔絵箱の傑作を、モデルとしています。

蒔絵の重厚かつ華麗な美しさを見事に再現した、個性的なシリーズです。


ヒマラヤの神秘 ロータス

ペーパーブランクス ヒマラヤ山脈の西部、高度3,000mを超える土地に古くからある、チベット仏教のラマユル寺院。

「ヒマラヤの神秘 ロータス」は、このラマユル寺院に描かれている ロータス(蓮)をモチーフにしたもの。

美しく、神秘的な佇まいの一冊です。

※ 申し訳ありません。このシリーズは完売しました。